リスニング問題集




今日は私が一番苦労したリスニングの問題集を紹介したと思います。 私はリスニングは本当に苦手としていまして藁をもつかむ思いで色々な本を 購入して実践してみました(笑)その中でも自分が効果があったと思えるものを 紹介したいと思います。また、リスニング勉強方法でも紹介しますがリスニングで 勉強するには効果のある方法としてディクテーションとシャドーイングが必要だと いわれています。その二つの方法は本当にリスニング力を伸ばすのに役に立ちました。 ディクテーションは勉強当初よりやっていたのですが、シャドーイングをはじめてからは リスニング力が伸びたのは凄く実感できました。 また、リスニングを伸ばすためには自分の発音を改善する必要もあると思います。 英語の発音の仕方が変われば自分が英語を聞くためにどの音に意識するのかが 自然に身につくと思います。色々な試してきたリスニング本の中で、本当に必要だと 思うものを紹介しさせていただきたいと思います。

●絶対に必要なリスニング対策本(全レベル対応)

シャドーイングに役立つ参考書です(☆☆☆☆☆) 決定版 英語シャドーイング 決定版 英語シャドーイング (2004/04) 門田 修平玉井 健 商品詳細を見る

ディクテーションに役立つ参考書です(☆☆☆☆)

ゼロからスタートディクテーション ゼロからスタートディクテーション (2007/07/24) 宮野智靖 商品詳細を見る

ボキャブラリーを増やすために役立ちます(☆☆☆☆☆)

DUO 3.0 CD復習用 (3) DUO 3.0 CD復習用 (3) (2001/04) 鈴木 陽一 商品詳細を見る

●絶対に必要な参考書(中級以上レベル対応)(☆☆☆☆)

中級以上のレベルの方は上のものではなくこちらの参考書を ディクテーション用の参考書に用いて下さい。

4週間集中ジム 英語リスニング中級編 4週間集中ジム 英語リスニング中級編 (2003/09) 不明 商品詳細を見る


リーディング問題集




 リーディングですが、試験の特徴としまして問題がとても長く全ての問題文を 読んでいたのでは絶対に時間がなくなってしまいます。リーディングは時間との 戦いといってよいと思います。その為に必要となるのがSkimming(飛ばし読み)と Scanning(探し読み)になります。まずは問題を読んで次にSkimmingでを ざっと目を通してから、Scanningで該当箇所を探すという解答方法になります。 リーディングで点数をあげるために一番必要なことは英語の長文を早く 読めることです。Scanningで探すにしても、該当箇所を早く読めなくてはなりません。 その為に必要ななるのは普段よりなるべく多くの英語の本を読んでいくという ことです。これは人により好みがあると思いますので、あまり本の種類について 言いませんが、最終的には英字新聞とニューズウィークを読んでるくらいの レベルまでになりたいと思います。私の場合も初めはゆっくりでしたが、毎日読み 続けていくうちに英字新聞も読むのが早くなっていきました。特に英字新聞でも 初心者の方に紹介したいのが、「DAIRY YOMIURI」です。英字新聞も色々な 販売されていますが、こちらの新聞は他のものに比べても表現が易しく、 値段も120円です。もちろん、JAPAN TIMESなどもお勧めですが、表現などが少し 厳しくなりますので、ある程度リーディング力が付いた後でも良いかとは思います。 また、初めのうちは全て読まなくても、英字を読む練習として毎日3面記事だけ読んでも 良いかと思います。また、英語の本ではladder seriesを一応お勧めしておきます。 こちらは、自分の能力に応じて少しずつ内容を上げていく事が出来ますので、レベル1から 徐々にレベルを上げていくのもよいかと思います。本の内容は好みがあると思いますので ここでは紹介は省かせていただきます。先ほどもいいましたが、リーディングでは問題を 解くコツも必要になります。早く読める事は一番大切ですが、読めただけでは問題は 解けません。もし、IELTS対策本だけではなかなか実力がついている実感がない場合には、 以下の問題を解く事をお勧めします。何度も解いて問題を解くコツを身につける事も リーディングでは必要です。

リーディング・ライティングのお勧め問題集

IELTS Preparation and Practice (Oxford ANZ English) IELTS Preparation and Practice (Oxford ANZ English) (1999/10/08) Wendy SahanayaJeremy Lindeck 商品詳細を見る

ニューズウィーク

ジャパンタイムズ










次へ



戻る





Copyright (C) 2010-2013 Sunlife Corporation. All Rights Reserved


inserted by FC2 system