IELTSの特徴




IELTSの特徴

この試験の最大の特徴は記述式の試験ということです。TOIECに代表される ようなマークシート式になれている日本人には難しく感じられる試験かと 思います。また、「NO MORE THAN THREE WORD」(3語以内で書け)と いうような条件が付く問題も多く出題されます。

純粋な文法問題は無い

IELTSでは、特に文法問題は出題されません。ただし、ライティング試験や リーディング試験の穴埋め問題などを通じて文法をチェックされていると 考えてよいと思います。改めて、各科目別の概要も説明していきたいと思います。




勉強計画の立て方




 人それぞれの現在持っている英語のレベルに違いがあると思いますが、 全てのレベルの人に役立つと思う勉強計画の立て方をお伝えします。 私は試験までの3ヶ月を一単位で勉強計画を立てるようにしていました。 3ヵ月後に試験が決まっている事で気持ちを勉強に向ける事が出来ます。 ただし、自分の目指した目標があり、目標に近いレベルまでいっている方は、毎月受験するのも 試験の勘を養うために良いかと思います。(ただし、受験料金は高いです)。これから受験される方や、まだ目標 レベルまで遠い方は、3ヶ月を単位で受験して、3ヵ月単位での勉強計画を 立てる事をお勧めします。受験費用も馬鹿にならないですからね! まずは、初めの2ヶ月間は基本的に英語の能力を向上させるための勉強をします。 次の1ヶ月で試験に則した勉強をしていく訳です。(この1ヵ月間はIELTS対策本の 問題をひたすら解いていくのが良いでしょう。) また、勉強方法ですがリスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの勉強を 少しずつでも毎日やる事が大切です。自分がどんな勉強をどれくらいの量 こなしてきたかを後で確認する為にも、自分で簡単な計画表をEXCELなどで 作成し(一番上の行にに日付・L・R・W・S・その他などと書いて下に勉強内容を 記入して)計画が終了したら円をつけるようにしていくのが良いと思います。 初めの二ヶ月間は英語全体のレベルアップの為の次の一ヶ月は試験に対応した 勉強を記入してください。勉強内容は改めて書いておきます。





























戻る





Copyright (C) 2010-2013 Sunlife Corporation. All Rights Reserved


inserted by FC2 system