リーディング試験の概要




試験時間

試験時間は60分間になります。リスニングとは異なり解答用紙に書き写す時間は ありませんので、問題を解けた順番に解答用紙へ記入していきましょう。 また、リーディングは本当に時間が足りないために、問題文を全て読んでいたのでは 全ての問題を解くのはよっぽど読むのが早い方で無い限り全問を解くのは難しいと 思われます。そのために、飛ばし読みと探し読みのテクニックが必要となってきます。 その辺りは詳しく改めて書きたいと思います。

試験内容

問題内容はAcademicモジュールと General Trainingモジュールでは異なります。
・Academicでは長文3題の構成になります。
・General Trainingでは前半は短めの題材、後半は中・長文でという構成になります。
内容はAcademicよりGeneral Trainingの方が簡単です。ただし、内容が簡単な文、 一点辺りの評価も低くなりますのでAcademicを選択した方が結果的には良い点数を 取り易い場合があると思います。

試験での注意点

リーディング試験では「True・False・Not Given」で答える問題がでます。 この問題ですが、Not Givenがとてもやっかいです。これは、内容が一致 しているかどうか判断できないという意味です。問題文中には似た様な 内容の事が書かれていますが、明らかに正しいか、間違っているかが 判断できるものを除いては、全てNot Givenになります。問題文をしっかり 理解して、選択問題で点数を稼ぎましょう




リーディングの勉強方法




 リーディングですが、何よりも長文を早く読める能力を見つける事が 一番大切です。その為にはとにかく、量を読むことだと思います。 日本語で書かれた読書でも同じだと思いますが、早く読めるようになるには まずはたくさん読むことが大切だったと思います。読む本は自分の好きな 本で良いと思います。本当に初心者の方は絵が多く挿入されているような 英語の本から初めても良いと思います。とにかく、読むことが能力を高めます。 また、ある程度のレベルにまでなったら英字新聞を読むようにしてみましょう。 英字新聞を読む事はリーディングだけではなく、スピーキングでの時事問題を 聞かれた時やライティングでの表現方法を学ぶ為にもとても役に立ちます。 また、リーティングではとても長い長文の為に全てを時間内に読む事は難しいと 思った方が良いと思います。そこで必要になるのが該当箇所を探して読む 能力です。その能力をつける為にはまずは問題を解く事が必要です。初めは IELTSの対策本だけを解いてみても良いかと思いますが、これまでに英語長文に 慣れていない方は長文対応の問題を購入された方が良いと思います。 制限時間内に探して読むという事は慣れないと意外と大変な作業です。 IELTSでのリーディング問題は日本では販売されていませんので、洋書になりますが リーディングの参考書で紹介した問題を購入する事をお勧めいたします。 復習しますとリーディング試験をクリアーするのに必要な事は二つです。

@とにかく多く読書をして英文を早く読めるようになること



A問題を解き探し読みをする能力をつけること






リーディング対策




リーディングはリスニングと並んで対策の立てずらいやっかいな科目です。 まず、リーディングの問題はAcademicの場合には3題長文が出ます。何度も 言いますが全てを読んで解答しようとしたら時間が足りなくなります。 そこで解答に至るテクニックが必要となってきます。まずは、問題を見る事が 許されたら、@3題の問題をざっと目を通します。その中で自分が一番知っている・ 分かりそうだと思える問題から解く事をお勧めします。ただ、大抵は初めの問題が 易しく最後が一番難しくなっていくようです。A次に、本文の題目を読みどんな 内容ジャンルか検討をつけます B続いて、問題に目を通します。問題に目を 通した時に大切なのは問題文の中で大事だと思われるキーワードに丸又は下線を 引いておく事です。問題文に目を移した時に何を聞かれているかを後で思い出す 為にもこの作業を素早く行う事が必要になります。 Cそれから、問題文に目を通します。 ここで、必要となるのがスキミング(通し読み)とスキャミング(探し読み)になります。 まずは、ざっとスキミングで問題文全体に目を通します。この時になんとなくどこに どんな事が書いてあるかを覚えておく必要があります。この作業はかなりしんどいです。 次に問題文から出てきたキーワードをスキャミングで本文中より探します。 そのキーワードが出てきた前後の文章を解答できる様に理解しながら読むようにします。 また、問題によっては各段落の題名を指名するようなものも出題されます。これは、 ほとんど全て読んで解答しなければなりません。そんな時はご愁傷様です。。。冗談です。 そんな時は各段落の始めと最後の文には大切な事が書かれていますので、 そこを重点的に読んで、中の文章はなるべく早く目を通すように読んでいきましょう。 リーディングを解答する為の注意点ですが、二度読み直す時間はないという事を意識する ことが必要となります。ですので、一度読んだ後に関係代名詞などが出てきたら前に 戻って読み直しなどは絶対にしないように、目は右にだけ動かすようにしましょう。 ※リーディングは時間が限られていますので、解答が分かったらリスニングのように 問題用紙などに一旦書いておいて清書などの時間はありません。解答が分かったら、 やり手婆のごとく素早く解答用紙へ解答するようにしましょう。





戻る





Copyright (C) 2010-2013 Sunlife Corporation. All Rights Reserved


inserted by FC2 system