ライティング対策A




ライティングは問題文を読んでから、自分がこれからどの様に書き進めていくか文章構成を する必要があります。ここでは、一般的に使われる文章構成を紹介したいと思います。

●文章構成

@導入部

  1)状況の説明 テーマの説明
2)そのテーマに対する反対意見・または一般的な意見を紹介する
3)この反対意見を部分的に肯定する。ただし、自分の意見は異なる事を示す
4)これから私の意見とそれをサポートする理由を説明していきましょう。

A本文1

1)肯定する理由1
2)その根拠となる具体例1
3)その根拠となる具体例2 
4)その理由のまとめ

B本文2

1)肯定する理由2
2)〜4)は上と同じ

C結論

1)この様な理由より私はこの意見を肯定する。
本文1・2は個人的な意見となりますので、なるべく色々な表現を持ちいて 自分の意見・理由を表現する事になります。結論はそれまで述べてきた事の簡単なまとめに なります。導入部分はある程度の解答パターンを決める事が出来ます。私の場合は はじめてのIELTS(対策本)の構成方法を参考にしているのですが、そこに参考になる 表現方法がありますので是非、参考にしてみて下さい。


ライティング対策B




 ライティングではよく使われる表現があります。紹介した参考書にも一般的に 論文で使われる表現が載っています。重複する所もあるかもしれませんが、少し掘り 下げた使い易い表現を紹介したいと思います。 ●ライティングで役立つ表現

・Nowadays / currently / today / recently
・Year by year / one by one / little by little
・What about /think of / the different aspect
・From a viewpoint of / from the start / for these reason
・As a result / eventually
・Anything we need / regardless of / on oneself
・名 is necessary as soon as possible / 名 give punch to us
・First of all / next / finally / 名, however, 動
・as much as possible / as far as 名 is concerned /
・if possible / without doubt
・That is why / in the real business world
・Help a child to develop intelligence / follow / after
・Depend on / be based on / on the other hand
・and so on / and other subject / almost every field
・besides / in addition / in addition to that,
・take 名 for example / take 名 into account
・first / next, let’s look at china / now, thailand
・ I partially agree with /
・ in contrast / compared with
・ in particular / especially
・ due to / owing to / so as to / so as not to

少し、まとまりがない書き方になってしまいましたが、自分が使っていた 表現集をそのままコピーした為にこんな感じになってしまいました。 自分ではこれは使い易い表現だと思います。自分なりに使い易く便利な 表現を見つけて、ノートなどにまとめていって下さい。





戻る





Copyright (C) 2010-2013 Sunlife Corporation. All Rights Reserved


inserted by FC2 system